[PR]

 1904年生まれの作家の幸田文(あや)は、東京・向島で育ち、隅田川に親しんだ。子どもの頃によく、洪水ごっこをして遊んだという。雨風の音を口ずさんだり、着物をまくって歩く格好をしたり。避難者への炊き出しのまねもした▼親に見つかると「縁起でもない」と叱られたが、ひどい洪水は頻繁に起きていた。台風の時期…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも