(てんでんこ)西日本豪雨:9 命守った砦

有料会員記事

[PR]

 ■300人が廊下に横たわり、犬の鳴き声が響く。さながら「野戦病院」だった。

 医療法人和陽会・まび記念病院(80床)は、倉敷市真備町地区の医療を支える拠点だ。今回の豪雨ではまさに住民の命を守る「砦(とりで)」になった。

 「近所の人が20人くらい集まってきています」。市内の自宅にいた院長の村松友…

この記事は有料会員記事です。残り827文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載てんでんこ

この連載の一覧を見る