[PR]

 わずか半世紀で10分の1に干上がった中央アジアの塩湖「アラル海」。旧ソ連時代に行われた持続できないほど無謀な水資源計画のつけです。乾いた湖底から塩混じりの砂が町村を襲います。「20世紀最大の環境破壊」とも言われる現場を記者が歩きました。

 http://t.asahi.com/q3ek別ウインドウで開きます

こんなニュースも