[PR]

 冒頭からヒロイン、ポーラのハイテンションに圧倒される。捨てられたばかりの元恋人の部屋の扉を「開けろ!」と叫びながら何度も叩(たた)いたあげく額をぶつけ、傷を負う彼女は、それ以降、居場所を失った難民のように冬のパリを彷徨(さまよ)う。

 不必要に温かくも冷たくもない態度でヒロインとすれ違う人々の中に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも