[PR]

 木村拓哉が追い詰められ、二宮和也が叫ぶ。日本の司法制度の闇に切り込み、「本当の正義は何か」を問う社会派サスペンス「検察側の罪人」が、24日公開された。監督は原田眞人(まさと)。雫井(しずくい)脩介の原作小説を大胆に脚色し、今の日本を覆う空気を盛り込んだ。

 東京地検のエリート検事の最上(木村)と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも