[PR]

 東京・神保町の岩波ホールで、ジョージア(グルジア)の巨匠テンギズ・アブラゼ監督作品「祈り」(1967年)が日本で初公開されている。実現させたのは同ホールで企画・宣伝を担当する原田健秀(たけひで)さん(64)。伝説的作品に触れられるとあって、50周年の老舗ミニシアターは連日、にぎわいを見せている。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも