[PR]

 人形浄瑠璃文楽の人形遣い、桐竹勘十郎が9月8日から始まる「文楽公演」の第2部「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」で団七(だんしち)の人形を遣う。浪花の侠客(きょうかく)らの生き様に光を当てた物語。殺人に至る心理を、太夫の語り、三味線、人形の3者がだんじり囃子(ばやし)を援用しながら描写する。勘…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも