[PR]

 何を論じたかは忘れたが、熱心に論じ合った。

 (和辻哲郎)

    ◇

 詩人・劇作家であり医学者でもあった木下杢太郎との交友をふり返り、哲学者はこう記す。理不尽に悔し涙を流したが、その理不尽が何であったか思い出せない。事あるごとに詰(なじ)りあったが、何が問題だったか憶(おぼ)えていない……。記…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも