[PR]

 おもしろくて、クレージーな曲ばかり。「川島素晴 works vol.2 by 神田佳子」では、演奏家の一挙一動に目を奪われた。川島は「演じる音楽」を標榜(ひょうぼう)する中堅作曲家。音の鳴り響きよりも、演奏行為のコントロールに重心を置く(9日、豊洲シビックセンターホール)。

 27年前から川島の打…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも