[PR]

 若手芸術家の育成をめざす文化庁の委託事業で、これまで採用され続けてきたコンテンポラリーダンスの団体が、今年初めてひとつも対象に選ばれなかった。新たな時代の身体表現として脚光を浴びていたはずのジャンルに、なぜいま逆風が吹いているのか。

 ■「商業優先」と危機感

 事業名は「次代の文化を創造する新進…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも