(てんでんこ)西日本豪雨:11 教訓の家

有料会員記事

[PR]

 ■水が止まったのは、玄関先に敷かれた石の手前。「先祖に先見の明があった」。

 「大変じゃ、ここまで来たか」

 「家族はどこにおる?」

 7月7日午前6時半ごろ、岡山県倉敷市真備(まび)町地区の自宅で目を覚ました小野克正(おのかつまさ)(86)は、外のざわめきを耳にした。

 玄関を開け、目を疑った…

この記事は有料会員記事です。残り851文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載てんでんこ

この連載の一覧を見る