核ごみ拒否の波再び 隣町条例に刺激 表現丸めて制定

有料会員記事

[PR]

 高レベル放射性廃棄物最終処分場や、使用済み核燃料中間貯蔵施設の受け入れを拒否する条例は、これまで26自治体でできた。半数が2005年までの制定で、一時は合併で4町が失効するなど下火になったが、昨年7月に最終処分場の適地を示す「科学的特性マップ」が公表され、再び火が付いた。様々な地域の事情も反映…

この記事は有料会員記事です。残り1371文字有料会員になると続きをお読みいただけます。