入国在留管理庁設置へ 来年4月 労働者受け入れ対応

有料会員記事

[PR]

 政府が進める外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、法務省は来年4月から入国管理局を格上げし、「入国在留管理庁」(仮称)を設ける方針を固めた。入国審査官らを約320人増員し、5千人超えの組織にする方針で、秋の臨時国会に関連法案を提出する。また、増員費用を含め、外国人の受け入れ拡大に伴う事業費とし…

この記事は有料会員記事です。残り385文字有料会員になると続きをお読みいただけます。