[PR]

 真っ白な画面に、ひらめきとセンスで自由に描く。そこから名作が生まれる。天才画家には、そんなイメージがありはしないか。

 「素晴らしき乳白色」の肌を持った裸婦像で知られ、日仏で活躍した藤田嗣治(つぐはる)の画業を丹念に追った大回顧展を見ると、しかし、その画風は一つ一つ意識的に積み上げられたものだと分…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも