(てんでんこ)西日本豪雨:12 高台の集落

有料会員記事

[PR]

 ■見えるのは、壁が落ち、家財道具が運び出された、がらんどうの家々だ。

 度重なる洪水に見舞われてきた倉敷市真備町地区。難を逃れるため、多くの家が高台に移転してきた。北部の山裾にある直戸(なおど)集落もその一つだ。

 古川雄一(ふるかわゆういち)(87)の屋敷は、とりわけ高い場所にある。1878(明…

この記事は有料会員記事です。残り847文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載てんでんこ

この連載の一覧を見る