[PR]

 東日本と西日本の骨壺(こつつぼ)のサイズの違いは、火葬後の遺骨の扱いが異なっているからだという。

「収骨といいますが、東日本ではご遺骨をすべて収める総収骨です。そのぶん骨壺も大きくなって、最近は体格のよい方も増えましたので、八寸サイズの壺を使うこともあります。直径二十五センチほどですから、これはか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも