[PR]

 8月である。テレビは戦争関連の番組を流すが、近年は関心が低下ぎみだ。

 そんななか、現代史家の吉田裕と、劇作家の鴻上尚史の、戦争に関する本が話題だ〈1〉。前者は日本軍の劣悪な補給や医療を、データから記述したもの。後者は、爆弾を命中させれば死なずともよいという信念のもと、9回もの特攻出撃から生還した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも