[PR]

 ■1880年の洪水で亡くなった住民を悼む碑。真ん前の堤防が決壊した。

 「溺死(できし)群霊之(の)墓」

 倉敷市真備町地区を流れる小田川の支流、末政川沿いに、風雨にさらされた石碑が立つ。1880(明治13)年の洪水で亡くなった33人の地域住民を悼んだものだ。今回の豪雨ではまさに、碑の真ん前の堤防…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら