[PR]

 西日本を中心とする豪雨で、土砂災害による被害が広島県で際立った。多くは県が「警戒区域」に指定するなどしていた場所だったが、区域外で被害にあった住宅もある。安全だと過信はできない。住民にリスクを伝え、避難に結びつけるための努力が、行政や研究者に求められている。

 ■「警戒」指定しても想定超す現実

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら