[PR]

 人工衛星や地上の通信・放送に影響を与える太陽表面の活動を監視、予測する「宇宙天気予報」に国が本格的に乗り出す。情報通信研究機構(NICT)は人工知能(AI)を使った予報を9月にも始める。

 太陽表面で大規模な爆発(フレア)が起きると、電気を帯びた粒子やX線などが大量に放出され、人工衛星などが故障…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも