[PR]

 ありふれた街並みは、通りの角を曲がったとたん、芝居の舞台装置が切りかわったように、軽々しく他人に教えたくない、秘密めいた様相に変わった。

 そう思わせるのは、その片隅にある一軒の老舗バーの重厚なたたずまいのせいだった。

 「山小舎(やまごや)」と名づけられたバーは、山陰有数の城下町、松江市の旧歓楽…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも