[PR]

 8月の恒例となった、中村歌昇・種之助兄弟の勉強会「双蝶会(そうちょうかい)」と、尾上右近の自主公演「研(けん)の會(かい)」。ともに4回目を迎え、いよいよ充実した内容で、歌舞伎の将来を頼もしく照らす世代の台頭を象徴する公演となってきた。

 「双蝶会」(4・5日、東京・国立劇場小劇場)は、種之助が「…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも