[PR]

 仏の作家ラシーヌの古典戯曲「アンドロマック」を浅利演出事務所が上演する。7月に世を去った演出家・浅利慶太が生前最後に企画した舞台となる。亡き相手を慕う妃(きさき)を演じる野村玲子(りょうこ)。師であり、夫でもあった浅利への思いを胸に抱きながら、舞台に立つ。

 350年にわたり受け継がれる作品「ア…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも