[PR]

 東京電力福島第一原発でたまり続ける汚染水について、経済産業省は30日、処分方法に関する公聴会を福島県富岡町で開いた。政府は、浄化処理した汚染水を水で薄めた上で「海洋放出」する手法を有力視していたが、放射性ストロンチウムなどこれまで説明されていたトリチウム以外の汚染物質も含まれていることが明らかに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも