[PR]

 日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で30日、廃炉作業の第1段階となる核燃料の取り出し作業が始まった。準備段階で機器の不具合が相次ぎ、予定から1カ月遅れた。核燃料の処分方法や処分先が決まっていないうえ、水や空気と激しく反応する冷却材のナトリウムを取り出す次の段階は、他…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも