[PR]

 ニホンザルの細胞から、体のあらゆる組織になれるiPS細胞をつくることに成功したと、京都大のチームが30日、発表した。iPS細胞から脳神経などに変化させてヒトと比べることで、霊長類の進化の解明に役立てられるという。

 京大霊長類研究所の今村公紀助教らは、自然に死んだニホンザルの皮膚から細胞を採取。複…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも