[PR]

 第75回ベネチア国際映画祭が29日、イタリアで開幕した。金獅子賞を競うコンペティション部門には米国を中心に21本が出品。日本からは塚本晋也監督の時代劇「斬、」が参加する。カンヌ国際映画祭の「万引き家族」に続き、日本勢21年ぶりの最高賞獲得はなるか。

 近年のベネチアはアカデミー賞の前哨戦と化して…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも