[PR]

 足元がぬかるみ、指先が滑る。雨で中断をはさみ、投手としては不利な状況でも、広島の大瀬良にはいらぬ心配だった。「緩急」を武器にヤクルト打線を揺さぶった。

 「直球がよくなかった」ことから、序盤は多彩な変化球を中心に相手打者のタイミングを乱した。七回からはギアを上げて140キロ台後半の速球を連発。「強…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも