声上げる、着ぐるみの過酷労働 ショー出演者、ディズニー側を提訴

有料記事

[PR]

 東京ディズニーランド千葉県浦安市)で着ぐるみに入ってショーなどに出演する女性社員2人が、運営会社の労務管理に問題があるとして裁判を起こした。テーマパークのキャラクターに扮して夢を売る働き手が、自らの労働環境について声を上げるのは異例だ。何があったのか。

 ■「パワハラ5年超」「体痛めても休めず…

この記事は有料記事です。残り1795文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント