[PR]

 1950年代ハンガリー共産主義政権下の作曲家、ベルケシュ夫妻とカトナ夫妻の亡命を描き、「創作者にとって亡命とは何か」と問う野平(のだいら)一郎の室内オペラ「亡命」が世界初演された(8月22、23日、サントリーホールブルーローズ)。

 両夫妻は自由のないハンガリーでの音楽家生活から、西側への亡命を企…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも