[PR]

 原子力規制委員会は3日、重大事故時に原発から出る大量の放射性物質を含むプルーム(放射性雲)を検知するため、空気中の濃度を測る専用の検出器「大気モニター」を、地元自治体ごとに設置するよう求める方針を決めた。測定精度を高め、屋内退避から避難に切り替える際などの判断に活用するという。

 プルームは、炉心…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも