[PR]

 ■詩人・谷川俊太郎

 《絵本に力を入れた1970年代、ひらがなだけの詩の創作も本格化させていく》

 詩の言葉は肌触りが大事。でも現代詩は音よりも意味を偏重し、抽象的な言葉を使いがち。ぼくは絵本の翻訳で、ひらがなだけの日本語を使ったこともあって、漢字の問題を意識するようになった。漢字は、流れの中の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも