[PR]

 ■詩人・谷川俊太郎

 《1979年、母・多喜子が入院。前から認知症で、母の介護の負担は家族にとって大きかった》

 認知症になって、若い頃に浮気をしていた父への恨みつらみが戻ってきたんでしょうね。夜中にぼくの仕事部屋に来て、「あなたのお父さんはひどい人だ」とか原稿用紙に書き連ねた。自分がいかに傷つ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも