(てんでんこ)西日本豪雨:16 町の行方は

有料会員記事

[PR]

 ■水を治める者は国を治める。分かっていたはずだが、ようせなんだ。

 高度成長期岡山県倉敷市南部にできた水島臨海工業地帯のベッドタウンとして発展した真備(まび)町地区。その歩みは、最後の真備町長、鎌田頼靖(かまだよりやす)(75)の人生と重なる。

 町の誕生は1952年。鎌田が生まれた村を含む1町…

この記事は有料会員記事です。残り815文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載てんでんこ

この連載の一覧を見る