[PR]

 五段以下の若手棋士らが出られる第3回YAMADAチャレンジ杯の準決勝と決勝が8月、群馬県高崎市で指され、決勝で大橋貴洸(たかひろ)四段が近藤誠也五段を破り、優勝した。三段だった2015年に新人王戦で準優勝した実績の持ち主で、棋戦初優勝となった。

 女流二段以下の若手女流棋士が対象の第4回YAMAD…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも