タイで共振した岡田利規の世界 寄稿、演劇ジャーナリスト・徳永京子

有料会員記事

[PR]

 ドイツ有数の公共劇場から3年連続でレパートリー作品を委嘱されるなど、日本以上の高い評価をヨーロッパで得ている劇作家・演出家の岡田利規。その岡田がタイの気鋭の作家による小説を、タイ人俳優で舞台化すると聞き、8月22日にバンコクで幕を開けた世界初演を観(み)てきた。

 作品名は「プラータナー:憑依(ひ…

この記事は有料会員記事です。残り596文字有料会員になると続きをお読みいただけます。