[PR]

 四国・松山の道後温泉は、聖徳太子も訪れたという歴史の地。松山は、阪東妻三郎主演の映画「無法松の一生」の脚本を手がけた故・伊丹万作のふるさとでもある。

 伊丹の息子、十三と妻の宮本信子(73)は、かつて松山を訪れるたび、道後の大型旅館に泊まっていた。しかし俳優夫婦はどうしても目立ってしまう。静かで落…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも