(一語一会)洋画家・野見山暁治さん 恩師の鳥飼竜海さんからの言葉

有料記事

[PR]

 ■絵は省略の方法なり

 絵を描いておよそ90年になる。色と形が溶け合い、うごめく、無限の風景のごとき作風。藤島武二藤田嗣治岡本太郎らとの交わりは、そのまま日本の近現代美術史だ。美術団体に属さず、独自の道を歩んだ洋画家は、福岡での旧制中学の恩師の言葉を折々にかみしめてきた。

 「絵は省略の方法…

この記事は有料記事です。残り917文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。