[PR]

 被害を把握し、人命救助に全力をあげなければならない。

 北海道胆振(いぶり)地方を震源とするきのう未明の地震は、どこでも大きな揺れに襲われる危険性がある日本列島の怖さを改めて示した。各地で土砂崩れが起き、多くの死者・行方不明者が出ている。不明者の捜索を何よりも優先させてもらいたい。

 震度7を観測した厚真(あつま)町では家屋の倒壊が相次いだ。札幌市内では液状化現象が発生し、道路が陥没するなどした。時を追うごとにけが人も増えている。

 気象庁は、1週間程度は最大震度6強の地震に注意するよう呼びかけている。家庭、学校、職場のそれぞれで備えたい。建物の損傷の具合を点検し、再び大きな揺れがきたらすぐに避難できるようにしておこう。7日夜からまとまった雨が予想され、土砂がさらに崩れる恐れもある。山の近くなど危険な場所には近づかないことだ。

 停電や断水が、想定を大きくこえる広範囲に及んでいるのも心配だ。

 長い時間にわたって道内のほぼ全域で停電した。大手電力会社の管内すべてで電気が止まるのは、きわめて異例な事態だ。道内の電力の約半分を担う苫東(とまとう)厚真火力発電所が被災したのをきっかけに、需給のバランスが大きく崩れ、システムが不安定になったのが原因という。一極集中型の体制の弱点があらわになったといえよう。

 通常の供給力の回復には少なくとも1週間はかかるという。日々のくらしはもちろん、鉄道や航空機の運休、まちなかの信号の停止などダメージは各方面に及ぶ。交通網の寸断は物資の輸送の停滞に直結する。北海道電力は一刻も早い復旧に全力を注いで欲しい。

 札幌市などの避難所には、多くの人が身を寄せている。飲み水や食料、寝具は確保できているか。トイレや空調の用意は。自宅にとどまらざるを得ない人たちへの手当てや、医療機関の電源確保も欠かせない。

 目配りのきいた支援のため、各自治体を政府がヒトとモノの両面で支えることが必要だ。

 日本全土にはわかっているだけで2千もの活断層がある。活断層による地震は、1千年から数万年の間隔で突然起きるものが多い。今回の地震は、根室沖など千島海溝沿いに比べ、当面の確率は低いとされた地域で発生した。油断は禁物だ。

 この夏は豪雨、台風、そして地震と災害が相次ぐ。なかでも突然襲ってくる地震は、日ごろの備えが大切だ。被災地以外の人もわがこととして考えたい。

こんなニュースも