[PR]

 母が逝きました。この日が来ることは、7月の末頃から覚悟していたつもりでした。

 96年のあっぱれな人生。誕生日や母の日や、自分のために集まってくれた人たちに、「私は世界一の幸せ者です。みなさん、ありがとう。万歳!」と、大きく両手を挙げていた母を想(おも)い、拍手をして見送ろう。そんなことをどこかで…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら