[PR]

 一度は諦めた棋士の道を切り開いた瀬川晶司五段の自伝「泣き虫しょったんの奇跡」が映画化された。豊田利晃監督は17歳までプロ棋士養成機関の「奨励会」に属していた。自らの経験を生かし、本物の将棋映画を作り上げた。

 小学生の頃、「しょったん」と呼ばれていた瀬川は友人と将棋を指す毎日を過ごし、そのまま奨…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも