[PR]

 第二章 照葉(てりは)(十一)

 〈あらすじ〉お希以が用意した茶葉九百斤を納めたヲルト。来年の初夏に来崎(らいき)するときには、一万斤用意してくれ、と言った。途方もない量だが「辞退なんぞしてたまるものか」とお希以は引き受ける。お希以は再び佐賀藩嬉野の茂作を訪ね、来年の茶葉を売ってほしいと頼んだ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも