[PR]

「――どうぞ」

 玄関の鍵を開けた川端さんは、ドアの前を私に譲った。

 ネームプレートの〈石井〉は、サインペンの手書きだった。指差して「本人が書いたんですか?」と訊(き)くと、川端さんは「そうですよ」とうなずいた。

 あらためて見つめた。漢字がシンプルすぎて、書き癖や上手(うま)い下手を見分けること…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも