[PR]

 ■女性解放の歩み、今に通底 作家・門井慶喜

 出版界に独特の香気をはなつ「婦人公論」が創刊されたのは大正5(1916)年。当時の女性雑誌にはめずらしく料理、育児などに関する実用記事をしりぞけて、女性解放、男女同権を主張する総合雑誌として出発した。

 その誌齢は100年をこえ、これまで1400冊あま…

この記事は有料会員記事です。残り2263文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2263文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2263文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも