(大志 藤井聡太のいる時代)修業編:9 三段リーグまで半年、直接対局増やした師匠

有料記事

[PR]

 将棋のプロ棋士を目指す者にとって、棋士養成機関「奨励会(しょうれいかい)」の三段リーグは、突破しなければならない最終関門だ。関東と関西の三段が全員参加し、約半年かけて計18局を戦い、上位2人がプロ入りの四段に昇段できる。

 高校生棋士の藤井聡太(そうた)七段(16)は、中学1年だった2015年10…

この記事は有料記事です。残り714文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント