[PR]

 日光街道最初の宿場である東京・千住の名倉家で、江戸琳派を興した酒井抱一(ほういつ)ら文人絵師との交友を物語る書画などが見つかった。「骨接ぎの名倉」として名高い旧家が明治以降、東京美術学校の支援に尽くしたことを示す岡倉天心からの書簡もあった。9割が新発見の資料約150点は10月30日から、東京都足立…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも