[PR]

 ■(セーフアウト)7戦ぶり打点、ツバメ2位堅守

 打点でリーグトップに立ちながら悩んできた助っ人が、息を吹き返した。ヤクルトのバレンティンだ。八回、捕逸で勝ち越し、なおも1死三塁。2番手アダメスの内角球を力で中前へ。「小川が頑張っていたので、何とかつなごうと」

 巨人先発のメルセデスに対し、六回に…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも