[PR]

 早くも最低気温が零下となった街もある北海道で、道内の電力を担う火力発電所の全面復旧が11月以降にずれ込む見通しが示された。冬が近づく中、長引きかねない節電生活への不安が広がっている。▼1面参照

 この秋最も早く最低気温が零度未満の「冬日」となった稚内市。水たまりには氷が張った。市職員柴田貴代さん…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも