[PR]

羽ばたいていたくるみほど大きい蝉(せみ)が

部屋のバルコニーに墜落して逝く

涼しくなった夜に小枝の足を向けたまま

空を掴(つか)もうとしているかのように

 

短い寿命を知って

枯渇した息を声に変えて唄(うた)い続けたのか

知らなかったからこそ

屈託と最期まで唄い続けたのか

 

命が盛り上がる最中

そ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも