[PR]

 植物が光合成で二酸化炭素(CO2)を吸収して水蒸気を出す口のような「気孔」に、CO2濃度を感知する機能があることを、九州大チームが突き止めた。

 気孔は光やCO2濃度に応じて開閉するが、濃度を感知する仕組みはよく分かっていない。チームは気孔の「唇」にあたる「孔辺細胞」内の葉緑体に注目。葉緑体は光合…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも